編んで、結んで、時々てまる。

リニューアルオープン準備中の「にゃん工房」のブログです。

0.25mmの差

こんにちは。

夜型の生活リズムを直そうと早寝早起きトレーニング中のhanaです。

しかしそんな私の努力にも関わらず、朝6時に布団に潜り込んでくるもふもふの誘惑が凄まじい…

やめてくれぇ~(*゚Д゚*)

 

さて、コーヒー飲んでしゃっきりしたし作業部屋にGOGO!

マクラメ編むぞー!!

丁度フレーム編みを終えたところです。

一見、水晶に見えますが、薄ーーーーーい水色のアクアマリンです。

サイズは8×6mm。

左は0.25mm、右は0.5mmの太さの紐で編んでいます。

たった0.25mmの差しかありませんが、こうして見ると印象が違いますね~。

どちらで編もうかな~?

細めでチャレンジしようかな~??

 

ちなみに、フレーム編みの目の数は0.25mmでは26目、0.5mmでは16目。

太さが倍だから編み目も倍になるかと思いきや…

これは石のサイズが微妙に違ったからだと思います。

 

見た目もそうですけど、紐の太さで編み目の硬さも変ってきます。

曲げようとすると、どーなるかというと…※個人の感想です。

 1mmの場合→カチコチ。編み方によっては曲げるのも大変。

 0.75mmの場合→まだ固め。曲げられはするけど芯が残っている感じ。

 0.5mmの場合→ぐにぐに曲げられる。芯はちょっと残ってます。

 0.25mmの場合→簡単にへにょんと曲がります。

 

まぁ、編み目の締め具合でも変わっちゃいますけどね~

紐が細くなるほど、きつめに編まないと編み目がゆるゆるに…

最悪ほどけてしまう場合もあるので気を付けないとです。

 

そんなこんなで0.25mmで編むことに決めました。

0.25でのレース風は”空き”加減が難しいです。

編みすぎてもごちゃごちゃするし

空間を多くしすぎると安っぽく見えるし。

 

ではでは、できあがりをお楽しみに。

 

これとこれはペンダントは0.5mmで編んでいます。 

New アマゾナイトのペンダント

 

ロードナイトのネックレス