編んで、結んで、時々もふる。

マクラメ専門店「緒-itoguchi-」のブログです。

手荒れがひどいので玉巻き器を使ってみた

こんにちは。緒店長のはなです。

今年は年賀状を手書きで書くと宣言しておりましたが、犬がうまく描けず半泣きです。

どうして猫っぽくなるんだろう…(´;ω;`)

そんなことはさておき、編み具合を確認中の絹糸なんですが…

う~ん、やっぱり購入した状態では細すぎかな?

切れやすいし、絡まりやすいし、…ちょっと撚り直してみようか。

 

撚り中。

 

……ダメだ…引っかかる。

冬の乾燥と仕事と、とどめに猫達のもふもふで荒れた手に引っかかる!

うわぁ~ん、ハンドクリーム塗ってもガサガサする~( ;∀;)

 

…こうなったら、前々から狙っていた文明の利器を買う時がきたようですね!

f:id:nyan_macrame:20171221142722j:plain

綛状態の糸を玉にする為に購入した玉巻き器&糸に撚りをかけられるかどうかの実験も兼ねて購入したひもより器です。

ひもより器の感想はまた後日書きますね。

 

私が使っている絹糸は綛の状態で届くので、巻き取らないと使いにくいのですが

今まで巻き取り道具を持っていなかった為

椅子の背もたれに綛を引っ掛け、手作業でくるくるくるくる巻いていた訳です。

そうすると必然的に触る回数が多くなり、手の保湿ケアをしていても繊細な絹糸は引っかかってしまい…

…糸がボサボサに( ;∀;)

同じ理由で撚り直しも中々上手くいかず困っていました。

 

 

使ってみた感想の前に。

本当はかせくり器も一緒に購入しようと思ったのですが

毛糸を扱っている方々が100均の平干しネットでも十分使えるよ~!とブログに書かれていたので

試しに平干しネットを使ってみてからでも遅くないかなと思い今回は保留。

ネットがかせくり器として使えなくなったとしても、本来の洗濯干しネットとして使えますからね♪

 

ただ、絹糸をそのまま取り付けただけだと、巻き取っている最中にどんどん上がって

引っかかっちゃうので、段ボールで"返し"をつけてみました。

作り方は簡単。

円形に切った段ボールに、平干しネットの紐に合わせて切れ込みを入れるだけ!

段ボールの大きさはお好みで。

f:id:nyan_macrame:20171221145339j:plain

今のとこは問題なく使えてます(*‘ω‘ *)

 

巻き取った糸はこのようになりました。

f:id:nyan_macrame:20190125135241j:plain

玉巻き器の巻き取り部分に出っ張っている部分がありまして

取り外そうとすると糸が引っかかってしまうので、キッチンペーパーの芯を被せて

その上に糸を巻き取るようにしました。

 

取り付け、取り外しの時に気を付ければ糸に手が触れることはほぼないし

なにより、ひーひー言うほど時間かかっていたのが短縮されて嬉しいです。

ただ、結構きつめに巻き取ったはずなのですが

持ち上げると、ほろほろ糸が解けてきてしまいます…

ちょっと困った(´-ω-`)

 

あと、組み立て時に分かりにくい箇所が。

糸がきちっと巻き取れるようにする、金属のガイドバーがあるのですが

箱から出した時はこのバーが寝ているので、立たせてから使います。

この時にバーを最後までしっかり引っ張らないと固定されないのでお気を付けください。

 

それでは作業に戻ります。

 

追記

かせくり器の代用で使っていた平干しネットですが…

回転しなくなり、お役目ゴメンとなりました。

短い間だったけどありがとう…(;'∀')