編んで、結んで、時々もふる。

編んで、結んで、時々もふる。

絹糸と天然石のマクラメ専門店「緒-itoguchi-」のブログです

14kgf製ビーズを比べてみた

こんにちは。

緒店-itoguchi-のはなです。

本日は雑記カテゴリーのお話です。

 

ハンドメイドではお馴染み、14金の輝きが楽しめる14kgfパーツ。

売店によってタイプが異なるようなので

手持ちの14kgf製ラウンドビーズをちょいと比べてみました。

 

色味・形はお店ごと、ロットごとに変わりますので

あくまで参考程度にどうぞ。

 

 

今回比べてみるのはこちら。

f:id:nyan_macrame:20201005173554j:plain

3つともイエローゴールドです。

左からAタイプ、Bタイプ、Cタイプとしましょう。

見た感じ、それほど色味に差は感じませんでしたが

Aタイプが少し黄色味が強かったかなと思います。

 

 

  • Aタイプ

f:id:nyan_macrame:20201005173841j:plain

口はスパッと切ったような感じ。

少し円柱のような形でしょうか。

 

  • Bタイプ

f:id:nyan_macrame:20201005173906j:plain

口が少し丸くなっているようです。

まん丸です。

3つの中では一番ラウンドビーズしていますね。

 

  • Cタイプ

f:id:nyan_macrame:20201005173946j:plain

こちらも口はスパッと切ったような感じ。

上から下まで切れ目がありますね。

 

 

それではついでに、ビーズを開いてみましょうか。←えっ

ニッパーで切った為少し潰れてしまいましたが、なんとか見れるかな?

お持ちのパーツを切ってみたい時は、指まで切らないよう気を付けましょう。

 

  • Aタイプ

f:id:nyan_macrame:20201005173611j:plain

中が黒っぽく見えます。

金属の地の色なのかな??見ただけでは分からないな。

中まではコーティングされていない様子です。

 

  • Bタイプ

f:id:nyan_macrame:20201005173649j:plain

こちらはゴールドというかブロンズな色合いでした。

 

  • Cタイプ

f:id:nyan_macrame:20201005173631j:plain

Aタイプほど黒くなく、Bタイプのように明るくもないブラウン。

金古美に近いのかな?

 

この切れ目は閉じているだけなので、力を入れすぎると開いてしまいます。

テグスやワイヤーなら問題なく使えますが

私が使っているような細い糸やオペロンゴムは、繊維がはみ出てくる場合があるので注意が必要かと思います。

 

 

こういったアクセサリーパーツは実際に見てから購入するのが一番ですが

売店が少ない地域では、ほぼほぼネットで購入するしかありません。

時にはイメージとは違っていたり、サンプルとして少量購入すると送料の方が高くなってしまう…なんてことも。

 

まぁ、お店ができたら確実に1日中入り浸ってしまうので

それはそれで困ってしまいますね(笑)